ホーム > お母様・お父様へ

お母様・お父様へ

お母様・お父様へ

こちらは患者様からのプレゼントです。

院長よりメッセージ

院長よりメッセージ

当クリニックのサイトにようこそ。
さつき歯科クリニック院長の金城光也です。

当クリニックは昭和58年に開院して以来、地域に貢献できる歯科医療を提供するべく、日々努力を重ねてまいりました。

歯科医療の世界も日進月歩であり、歯科医師も新しい知識や技術を修得するため、研鑚に励んでいることはいうまでもありません。

なかでも私は、以前から子どもの歯科治療に興味を持っておりました。
小児歯科学会認定医の資格も取得しましたし、常日ごろから子どもさんの歯の治療には心血を注いでおります。

現在、特に重点を置いているのは歯を抜かない小児の矯正です。

院長よりメッセージ

歯並びが悪いとさまざまな弊害が起きてきます。
容姿がよくないのはもちろんのこと、噛み合わせが悪いことで咀嚼能力が落ちる、虫歯になりやすい、歯周病になりやすい、歯を早く失ってしまうなど、いろいろなデメリットがあります。
歯並びは健康にも影響するのです

そうしたことを改善するために歯を矯正するのですが、大人になってから始めると歯を抜かなくてはならないことが多くなります。
矯正のために健康な歯でも抜かざるを得なくなってしまうのです。
これはとても残念なことです。

ところが、まだ小さいうちから始めれば、歯を抜かずに矯正できるケースがほとんどです。
したがって、小児矯正は子どもさんの将来にとって大変メリットの大きい治療なのです。
私は昔から歯を抜かないで矯正したいという思いがあり、現在の矯正方法を実践するようになりました。

さらに、口呼吸や寝相、指しゃぶり、つばの飲み込み、舌の癖、唇を噛む癖など、お子さんの癖が歯並びを悪くします。
当院は、こうした癖を直すことで歯並びの悪化を防ぐケアも行っています。

院長よりメッセージ

実は近年、歯並びの悪いお子さんが増えています。
これは軟らかい食べ物が多くなってきたことも背景にあります。

こうしたことを考えると、お子さんができるだけ小さいうちから歯科医院で検診を受けることをおすすめします。
そうすれば歯並びの悪化が予防でき、矯正のために健康な歯を失ってしまうようなことも防げるのです。

もちろん虫歯の予防や治療についても、長い経験と知識を有する当クリニックにご相談ください。
お子さんの歯について、将来を見据えた全般的かつ最適なケアを提供いたします。

当院では0歳から治療や食育指導をしておりますので、いつでもご相談下さい。

歯学博士 金城光也(きんじょうみつや)
>院長経歴はこちら

診療方針

診療方針

初めて歯医者にかかるお子さんや、他の医院で痛い思いをした子には、とにかく歯医者に慣れてもらうことから始めます。
そのためには、痛くてどうしようもないなどの緊急時を除いては、お話をすることから始めます。

そして、最初は「治療をしない」と本人と約束し、ブラッシングなどの練習から入ります。
それができれば、ごほうびのガチャガチャや風船をあげて、たくさんほめます。
家でも徹底的にほめてあげるよう、親御さんにお願いします。

治療するときも、できるだけ小さい虫歯から始め、できるだけ短い時間で終わらせるようにします。

こうしたことを繰り返していくと、子どもさんは「歯医者はこわいけど痛くない」と理解するようになり、ほめられることで自信もついて、やがて「歯医者はこわいところじゃない」と考えるようになります。

そして究極的には「歯医者は痛いところを治すのではなく、予防するところ」という認識に至ります。

当クリニックは、虫歯であれ歯並びであれ、まず予防
そして治療もできるだけ早いうちから行うことで「歯を抜かない」で、「少ない費用」で、「短い期間」で済ませることを常に心がけています。

アクセス


大きな地図で見る〒901-0153
沖縄県那覇市宇栄原2-18-3

お問い合わせ 詳しくはこちら