ホーム > 歯を抜かずに行う 子供の歯並び矯正治療

歯を抜かずに行う 子供の歯並び矯正治療

歯を抜かずに行う 子供の歯並び矯正治療
子どもの矯正については、床矯正、T4K、大塚式、ムーシールドなど、さまざまな手法を用い、歯を抜かないことを鉄則に行っています。

また、子どものうちに一次矯正を済ませておくことで、後々の成人矯正が楽(歯を抜かずに済む、短期間で終わる)に、かつ安価になることも期待できます。

床矯正(しょうきょうせい)

床矯正(しょうきょうせい)

「拡大床」と呼ばれる、入れ歯のような装置を使って行う矯正法です。

比較的昔から行われており、その意味では安心感があります。
また拡大床は取り扱いが容易で、手軽にできることもメリットです。

床矯正は一言でいうと「歯のアーチを広げる」ものです。
当クリニックでは床矯正は小学校3年生から6年生ぐらいのお子さんを中心に行っています。

拡大床を使い始めると、2カ月くらいでアーチが開き始め、やがてきれいな形になります。

自費診療になりますが、当クリニックでは上下それぞれ8万円(上下両方なら16万円)で行っています。

T4K

T4K

T4Kとは「TRAINER FOR KIDS」の略で、マウスピースのような器具を使って歯並びを改善します。
とはいっても、床矯正などのように歯を物理的に動かすものではありません。
床矯正と比べ目で見て分かるまでは時間がかかりますが、癖そのものを治すので治った後は一生物です。

最近の研究で、歯並びが悪くなる原因は必ずしも遺伝によるものだけではなく、口のまわりの筋肉の動かし方に問題がある場合が多いことがわかってきました。

T4Kは、筋肉の機能を直すことで、歯並びを矯正しようというものです。
筋機能自体を正常化するので、歯列矯正後に後戻り(再び悪化)することもありません。
その意味では一生ものといえます。

3歳から小学校4年生くらいのお子さんを中心に、T4Kを用いた治療を行っています。

日中に1時間、寝ている間に装着するだけなので、大変手軽です。また軟らかい素材でできているので、装着時の痛みや違和感がほとんどありません
しかも早い段階で筋矯正ができるので、大変有効な治療法です。

またT4Kには口呼吸になるのを防ぐ効果もあります。

こちらも自費診療の対象で、当クリニックでは10万円で行っております。

プレオルソ装置(大塚式)

大塚式

「大塚式こども歯ならび矯正法」というのが正式な名称です。
歯並びや噛み合わせを矯正する治療法です。

こちらもマウスピースのような器具を口の中に入れます。

舌の位置を直したり、口呼吸を防ぐ効果もあります。

大塚式の詳細はこちら(大塚先生のサイトへリンクします)
http://www.ooc.or.jp/otsuka_shiki/

白いワイヤーの矯正歯科

当クリニックでは一部のお子様には目立たない白いワイヤーを使用した矯正歯科も行っております。
(成人の矯正歯科も対応しておりますので、お父様・お母様もご相談下さい。成人でも歯をなるべく抜かない方法で提案致します)

アクセス


大きな地図で見る〒901-0153
沖縄県那覇市宇栄原2-18-3

お問い合わせ 詳しくはこちら