ホーム > 子供の癖矯正

子供の癖矯正

子供の癖矯正

虫歯になったり、歯並びが悪くなったり、大人になってから口臭や歯周病になったりと、お口の中のさまざまなトラブルは、子どもの頃の癖が原因であるケースが意外に多いものです。

当クリニックでは歯そのものの矯正の前に、こうした癖の矯正にも力を入れています。
それによって口の中の病気やトラブルを未然に防ぐことができるからです。

口呼吸

口呼吸
パナリング

いつも口がポカンと開いている、いわゆるポカン口の子どもさんが増えています。
これは口呼吸をしている証で、放っておくとさまざまなトラブルや病気の原因になってしまいます。

人間は、普段無意識に鼻から息を吸い、鼻から出しています。
つまり鼻呼吸が本来の姿です。
ところが口を閉じる力、いわゆる口唇閉鎖力が弱いなどの原因で口呼吸になってしまうことがあります。(離乳食の食べさせ方や授乳方法によっても口呼吸の原因にもなってしまいます。)

鼻で息を吸うと、鼻の中の繊毛や粘液で細菌やホコリなどを濾過しながら空気が体内に入っていきます。
しかし口呼吸だと濾過ができず、有害物質がそのまま体内に入っていってしまいます。
そのため、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、リウマチ、果ては膠原病まで引き起こすこともあります

さらに口呼吸をしていると口の中が乾きやすく、細菌も繁殖しやすくなります。
それが虫歯や口臭、歯周病の原因もなりかねません。

また、口呼吸のお子さんは舌を前歯の裏側に押しつけている場合が多いので、出っ歯や受け口になることもあります

当クリニックでは、口呼吸を無理なく鼻呼吸に戻す治療やトレーニング指導も行っています。
トレーニング指導参考:あいうべ体操(http://mirai-iryou.com/mc_aiube.html)

※小顔になる効果もあるので、お母様からも好評です。

あいうべ体操

また当クリニックでは、寝ているときに装着することで口呼吸を防ぐ口テープやベロのトレーニングも行っております。

寝相

寝相

寝相も歯並びに影響することがあります。
うつぶせ寝や横向き寝を長く続けていると、顔や歯の歪みにつながります。

たとえば、両親の間でお子さんが寝ているとします。
お子さんがお母さんの方ばかり向いて寝ていると歯並びが悪くなったりします。

こうした場合は、お母さんとお父さんの寝る位置を入れ替えるなどの指導をします。

これによって3カ月で治ったケースもあります。

舌の癖

舌の癖

舌を上下の歯の間に挟んでいたり、裏から舌で歯を押す癖があったりすると、上下の前歯が噛み合わない開咬や、出っ歯、受け口になったりします

こうした歯並びに影響する癖も早めに直すよう、治療や指導を行っています。

指しゃぶり、爪噛み、つばの飲み込み

指しゃぶり、爪噛み、つばの飲み込みなど、歯並びに影響しそうなあらゆる癖についてケアを行っています。

お子様の癖は気づかないものです。ぜひ早い時期にご相談ください。

アクセス


大きな地図で見る〒901-0153
沖縄県那覇市宇栄原2-18-3

お問い合わせ 詳しくはこちら